ミラノ

2016年01月12日

Italyii編集部

これは便利!!イタリア旅に持っていきたいお役立ちグッズ6選

11,638View

元添乗員ライターが選ぶ、イタリア旅の便利グッズ。鞄に忍ばせておけば、いざという時に大活躍することでしょう。

荷物はなるべく軽く!でも、現地で困ると大変……


旅に出る前にあれこれ考えて荷物を入れたはずなのに、実際に現地に行ってみると、あれがあったら便利だったのに!そんな思いをしたことはありませんか?

今回は、イタリアを始めヨーロッパを旅する時、基本的な持ち物の他にあると便利なものたちをご紹介しましょう。


1.スティックタイプの小型バッテリーで、コンパクトに充電!


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

最近では、ガイドブックよりもスマホやタブレットで調べものをしながらの旅が主流になってきましたよね。そこで問題になるのが充電です。

マップや口コミサイトで現地情報を常に収集し、スマホで写真を撮ったりしているとあっという間に減ってしまいます。移動が多い旅などは次のホテルまで充電できないことも。

そこで活躍するのが、スティックタイプのバッテリー。ポイントはその形にあります。いつなんどきでも充電不足に対応するには常にバッグに入れておかねばならず、かさばったり重いものはできるだけ避けたいものです。

しかし、こちらのバッテリーは軽くて細長いので小さなバッグの隙間にも入ってしまいます。ゼロから100%までの充電を一度はできるので、いざという時に非常に重宝します。

また、片側がライトになっているため非常事態や急な停電などにも役立つ優れものです。

参考アイテム例:
RAVPower モバイルバッテリー 3350mAh
http://www.amazon.co.jp/dp/B00XVO3QT4


2.斜め掛けミニトートバッグなら、オシャレに街を散策!


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

街歩きなどでは荷物をコンパクトにまとめ、身軽になってサクサク歩きたいもの。できれば両手も自由にしていたい。けれど、ウエストポーチは古臭いしリュックは盗難が不安……そんな方は、マチのあるミニトートに取り外し可能なベルトがついて斜め掛けもできるバッグが万能です。

このとき、必ずファスナーで口が閉まるものを選びましょう。斜め掛けなら両手が自由になり、支払いやカメラを構える時などにバッグの扱いに困りません。
イタリアでは場所によって盗難の危険があることから、不安を感じたら更に取手を持ってブロック。ファスナーがついていれば、なお安全です。

筆者愛用の街歩き用バッグは、ノーブルなブルーにゴールドのファスナー仕様でどんなファッションにも合わせやすく差し色にもなります。

小型ながらマチがあるので、ティッシュにハンカチ、財布、スマホ、パスポート、チケット類、ミニノート、文庫本など見た目以上に物が入り、一日これだけで過ごすことが可能です。

参考アイテム例:
2WAYジッパー付フェイクレザーミニトートバッグ(PLSTオンラインストア)
http://www.plst.co.jp/


3.多目的ネックストラップは防犯に目印にと活躍!


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

旅行用品売り場などに売っているネックストラップは、なかなか便利です。使い方はいろいろありますが、筆者は主に盗難予防や目印に使っています。スマホやカードケースなどに繋げてバッグに結び付けておけば、スリに合った場合でも簡単には盗られません。

また、写真好きの方はコンデジを繋げて首にかけておけばカメラをいちいちカバンから出す手間が省けます。


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

参考アイテム例:
Shrug Designシュラグデザイン ネックピース携帯ネックストラップ(ゼブラ)
http://www.amazon.co.jp/dp/B004JKXU3Q


4.シンプルなワンピースでドレスコードもバッチリ!


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

イタリアを始めヨーロッパでは、旅の途中にオペラや音楽鑑賞をしたり高級レストランで食事をとるのも楽しみの一つです。
しかし、急に誘われて行ってみたらドレスコードがあって恥ずかしい思いをした、なんてことも。けれど、凝ったドレスやスーツをわざわざ持っていくのも荷物が増えますし、皺も気になります。

そこで、とことんシンプルなワンピース一枚に絞り、ボリュームのあるアクセサリーで変化を付けてみましょう。

ワンピースの素材はポリエステル、色は黒かネイビーがオススメ。まず、ポリエステルは皺がつきにくく、クルクルと丸めてしまえばスーツケースの荷物の隙間に入るほど小さくなります。次に、カラフルな柄や色と違って、黒やネイビーはどんなシチュエーションにも対応しやすく、アクセサリーや小物、ショールなどで変化をつけやすいので、一枚でいくつかのシチュエーションに合わせることができます。

男性ならば、ジャケットを一枚持っていくとよいでしょう。


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

写真のワンピースはこちらで購入したものですが、現在は取り扱っていないようです。

参考アイテム例:MOGA
http://moga-press.com/


5.かさばる下着を解消!紙パンツ


実はとても快適なのがこちら。旅となると、洋服は着回しがきいても下着は毎日変えなければ気持ち悪いのは誰もが同じでしょう。

けれども観光や散策で疲れて帰ってきて、ホテルで手洗いで洗濯をし、乾かさなければならない……となると、億劫に感じる方もいることでしょう。下着の替えを持っていくにも意外とかさばってしまい、多くは持っていきたくないところ。

しかし、旅行用品コーナーなどに売っている紙パンツは、紙とは思えない肌触りで気兼ねなく履け、一日が終わったらゴミ箱にポイと捨てれば良いだけ。
女性用ショーツも、男性用トランクスもあります。


6.多言語対応・発音付き電子辞書で、コミュニケーションをサポート


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

イタリアでは最近は英語が通じるようになってきましたが、まだまだイタリア語しか通じない場所も多くあります。ちょっとしたレストランでの会話やタクシーの運転手と交渉するときなど意外にも苦戦することも。

そこで便利なのが、英語だけでなく複数の言語に対応している音声付き電子辞書。旅行会話集が音声と共に収録された辞書を選べば、基本的なフレーズを喋る練習もすることができます。

参考アイテム例:CASIO 電子辞書
http://www.amazon.co.jp/dp/B000H5NO7E


さて、持っていると便利なグッズ、いかがでしたでしょうか。
元添乗員の筆者もこれらは必ず旅に持っていく必需品。
持ち物を工夫し、最低限の荷物で快適、便利な旅を楽しみましょう。


Italyii 関連記事:こちらもいかがですか?


イタリアを含めたヨーロッパ圏へ行くときに知っておきたいマナーやルール。
Italyiiのライターによる「いい」情報をセレクトしました!

■イタリアカフェの奥義【ミラノ編】 -立ち飲み派?テーブル派?イタリアのカフェ事情-

■本場イタリアンを賢く楽しむ!ミラノで見つけたカジュアルレストラン、そのオイシイ利用法

■イタリア裏観光。スーパーや市場でチェックしたい5つのこと。

Information

元添乗員ライターが薦める、イタリア旅の便利グッズ6選



情報は掲載時のものです。紹介したアイテムの正確な情報については、各種公式サイトにてご確認ください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!