ローマ

2016年03月17日

Italyii編集部

華やぎのメルカートで見つけた、春爛漫の食材たち

1,220View

日本ではちょっと珍しい食材も並ぶイタリアのメルカート(市場)。おいしい春の食材たちをコラムでご紹介。

春の到来を身近に感じられるメルカート(市場)


地中海に張り出したイタリア半島。なんとなく温暖なイメージがあるけれど、実は南部を除いて冬はなかなか厳しい寒さ。北部では雪が降ることもあります。

イタリア人たちにとっても、厳しい寒さを乗り越えて春の訪れを感じる頃は自然と心が浮き立つ時期です。
そして、真っ先に春を感じさせてくれる場所、それが街角のメルカート(市場)なのです。


Photo by Signe Karin

Photo by Signe Karin

Photo by Signe Karin [Spring at Campo de Fiori, Rome] CC BY 2.0

次々に咲き始める明るい色の花々を売るメルカートを巡れば、気分はたちまち春爛漫。そして、この時期ならではの旬な食材探しもこの時期の醍醐味です。

今回は、そんな春のメルカートで見つけた美味なる食材たちをご紹介しましょう。


Photo by Marc Climent

Photo by Marc Climent

Photo by Marc Climent [Campo de' Fiori - Mercado] CC BY 2.0


春の食材1:ソラマメ(ファーヴェ Fava)


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

イタリアで春の代表的な野菜としてメルカートに出回るのがこのソラマメ。
塩ゆでにして食べるのでしょう…と日本人なら誰もが思いますが、実はイタリアでは違うのです。
春のソラマメを塩ゆでに?パスタに?そんなのナンセンス!

この時期彼らが夢中なのは、なんと生のソラマメなのです。
生のソラマメなんて食べられたもんじゃない、と思うのは私たちの常識。
ところがイタリアでまだ結実したばかりの若いソラマメを食べてみて下さい。
ほんのり青味と苦味はあるものの、プリッとした食感にフレッシュな甘みも感じられて、なかなか癖になるのです。



ソラマメにペコリーノチーズを合わせて…


Photo by Yellow.Cat

Photo by Yellow.Cat

Photo by Yellow.Cat [Fave e Pecorino] CC BY 2.0

イタリアではこれに羊のチーズ、ペコリーノ(Pecorino)を合わせます。
新鮮な生ソラマメと塩気の強いペコリーノチーズのかけらを口に放り込むと得も言われぬ新食感で手が止まりません。山盛りの生ソラマメを前にポリポリ食べている彼らの姿をよく見かけます。

“ソラマメ中毒”というれっきとした病気もあるほど、生ソラマメはある意味危険な食材なのかも!?



春の食材2:アザミ(カルチョ―フィCarciofi)


Photo by Pixabay

Photo by Pixabay

Photo by Pixabay

日本では「アーティチョーク」という名で知られるアザミの一種。
カルチョ―フィも春のイタリアではポピュラーな食材。若いつぼみを食用とします。
なかなかインパクトの強い見た目ですが、食べてみるとなかなか美味しいのです。
素揚げにしたカルチョ―フィ―のユダヤ風、煮込んだローマ風の2つが代表的な食べ方です。



本場で味わいたい!「カルチョーフィーのローマ風」


Photo by Jay Cross

Photo by Jay Cross

Photo by Jay Cross [Carciofi alla Romana] CC BY 2.0

ローマ風は、イタリアンパセリ、ミント、にんにく、アンチョビなどをみじん切りにして詰め、オリーブオイルやワインと一緒にコトコト煮込みます。
出来上がりはユリ根や芋に似てホックリとした濃厚な味に適度な苦み。
まさに、カルチョ―フィにしか出せない味です。
日本ではあまり見かけませんが、イタリアではポピュラーな料理なので本場でぜひ味わってみては。



春の食材3:菜の花(チーマ・ディ・ラーパ Cime di rapa )


Cimadirapa


Photo From Wikimedia Commons, [Cimadirapa] CC BY-SA 3.0

イタリアの菜の花はチーマ・ディ・ラーパといい、これもメルカートに並ぶ春の味覚です。
チーマ・ディ・ラーパはプーリア州の代表的な耳たぶ型パスタ、オリキエッテと合わせるのがピッタリ。
チーマ・ディ・ラーパを茹でてたっぷりのオリーブオイル、アンチョビペースト、にんにくと合わせて炒め、パスタと絡めれば出来上がり。



お家でも真似したい!春を感じるパスタ


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター

オリキエッテはもちもちした食感の歯応えある生地で、カップ型になっているのでソースがよく絡みます。
春の菜の花独特の甘みと旨味がアンチョビやにんにくのアクセントと絶妙にマッチして、まさに春を感じる優しい味に。




春爛漫のメルカートで見つけた旬の食材、いかがでしたでしょうか。
まだ若い春野菜は柔らかな食感、エグみの少ない適度な苦み、野菜本来の甘みがダイレクトに感じられて、この時期だけの格別な風味。
現地には日本では珍しい種類の野菜や食べ方がたくさんあります。
次第に春の気配が漂い始めるこれからの季節、イタリアのメルカート巡りに出かけてみてはいかがでしょう。



Italyii 関連記事:こちらもいかがですか?


イタリアの「おいしい」をお届けするコラムをセレクトしました!

■美食の街ボローニャに行くなら、絶対に押さえておきたい名物料理たち!

■イタリア人が薦める、5つの「愛されるワイン」

■【コラム】イタリア人直伝、オリーブオイルはこうして使う!

Information

【コラム】華やぎのメルカートで見つけた、春爛漫の食材たち



情報はライター執筆時のものです。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!