ヴェネツィア

2017年02月07日

Italyii編集部

春の到来を告げる♪ 見た目にもおいしい「カーニヴァルのお菓子」

1,004View

イタリアではクリスマスの後に「カーニヴァル」と呼ばれる期間があります。街中にお菓子が陳列され、イタリア全体が賑わうイベントです。ここではそんなイベントの楽しみ方、当日目にするお菓子のラインナップについて紹介します!

「カーニヴァル」の本来の意味とは


ナターレ(クリスマス)シーズンが終わると、街中のお菓子屋さんのショーウインドウはカーニヴァルのお菓子の陳列へと衣替えします。毎年恒例「待ってました!」とばかりに色とりどりのお菓子が並びます。このお菓子達は、カトリック教徒が多いイタリア人の生活習慣に密接に結びついていると言われています。

カトリックの暦上には、春先のお祭りとしてカーニヴァル(謝肉祭)という期間があります。それは、復活祭から46日前の水曜日であるクアレージマ(四旬節)のはじまる前までとされており、毎年復活祭の日付が変わるため、カーニヴァルの期間も変動的です。
カーニヴァル前のクアレージマ期間は断食の期間にあたります。そのため、この期間に入る前に大いに食べて飲んで皆で楽しもうという意味から、カーニヴァルという行事が生まれたと伝えられています。


カーニヴァルの楽しみ方


私の住むヴェネト州では、有名なお祭りであるヴェネツィアのカーニヴァルがあります。ヴェネツィアのカーニヴァルは、仮装した人々が街のシンボルであるサン・マルコ広場を中心に道々を練り歩くことで有名です。その期間は街中がさながら仮面舞踏会のよう。世界中から集まるプロの仮装師をはじめ、キャラクターなどの着ぐるみをつけた人、もしくは目の周辺のみを隠す小さな仮面などをつけた人などがあふれ、ヴェネツィアの島にいる全ての人が役者となれるのです。

ヴェネツィアらしい小さな路地を中世の格好をした人々が歩き回り、ときにはウインドウショッピングを、ときにはカフェでコーヒーを飲む姿を見ることが日常となる、とても特別感のあるシーズンです。


撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

そして、子供たちにとってもこの時期は仮装するのが楽しみな時期です。男の子はキャラクターなどの着ぐるみを、女の子はお姫様のドレスなどを身にまとい街中に出かけます。
街の中心の広場に行くと細かな紙吹雪を子供たちは手にし、それを投げ合って遊ぶのが恒例。この紙吹雪はコリアンドリと呼ばれていて、街角の新聞屋さんやタバコ屋さん、スーパーや文房具店などで売られており、この時期では街の道路で色とりどりの小さな紙吹雪が舞ってとてもきれいです。


伝統的な揚げ菓子「ガラーニ」は呼び名がいろいろ


このように、皆が時節の物としてお菓子を待ちわびているのもカーニヴァル本来の意味を知れば、納得。イベントでよく目にするのは、とにかくカロリーの高そうな揚げ菓子なのです。

そんな伝統菓子のひとつが、のばした薄い生地を長方形に切って油で揚げ、粉糖をかけた「ガラーニ」というお菓子です。シンプルなものですが、サックサクな仕上がりのこの菓子は、一度食べたらやめられない代物。


撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

そしてこの「ガラーニ」の面白いポイントが、地域によって呼び名が変わるところです。私の住むパドヴァでは、前述の通りガラーニというのが一般的なのですが、そのほかクロストリ、キアッキエレ、ブジーエ、フラッペ……などさまざまな呼び名があります。南北に長く、また地域性があるイタリアの風習をこのお菓子の名前で表しているかのようですね。
最近の健康志向の高まりにのり、油で揚げることにより高カロリーとなるガラーニに対し、オーブンで焼いて仕上げたものなども出回るようにもなりました。


不動な人気の定番菓子「フリッテッレ」


もうひとつ、カーニヴァルで忘れていけないお菓子。それが、「フリッテッレ」です。これは、いわゆる揚げドーナツのようなものですが、しっかりと発酵させた生地を油で揚げるので、モチモチとした食感です。中にカスタードクリームやザバイオーネ(卵をマルサラ酒を加えながらかきたてるクリーム)などを入れたものなどがあります。


撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

大きさは一口サイズのコロコロっとしたものやら、こぶし状くらいの大きさのものなどさまざま。お菓子屋さんのショーケースの中には、小さなボール状のフリッテッレがぎっしりと並べられていて、見た目にも楽しいものです。


撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

人気店ともなると朝食代わりに、食後や食間のおやつ代わりにとさまざまなニーズに応えて、どんどん揚げたてのフリッテッレが店内に運ばれてきます。地元の人たちによく知られるフリッテッレの評判店は、この時期になると店内からはみ出すほどの人で賑わいます。


撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

撮影・所有Italyii ライター Aki Shirahama

たくさんのお菓子が並ぶカーニヴァルの時期を終えると、心なしか空気も春の訪れを感じるようになります。そして、続くは復活祭のお菓子へ…。とにかく、年末から新年、そして春に向けてはイベント続きでそれに伴う菓子がそれぞれに出回り忙しい時期が続きます。ぜひイベントの季節に合わせてイタリアへ旅行してみてはいかがでしょうか?

※執筆・写真:Italyii ライター Aki Shirahama (イタリア・ヴェネト州パドヴァ在住)

※編集部註:初出時の表記を一部修正いたしました。


Italyii 関連記事:こちらもいかがですか?


■【コラム】春先の楽しみはやっぱりカーニバル!世にも奇妙なイヴレアのオレンジ合戦に潜入

■まるでタイムスリップ?! 忘れられない旅になる「ヴェネツィアのカーニバル」

■ヴェネツィア路地裏逍遥。こだわりの雑貨屋を見つけに。

Information

carnevale

カーニバル

Piazza San Marco, 30100 Venezia


URL:http://www.carnevale.venezia.it/en/

情報は執筆時点のものです。 マップはサン・マルコ広場を紹介しています。 URLはヴェネツィア・カーニバル2017です。          2017年2月11日~28日 (公式の公表日程)※必ず公式サイトで最新情報をご確認ください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!