• TOP
  • イタリア中部
  • フィレンツェ
  • フィレンツェ最古の家庭用品店が、素敵な空間に大変身!おしゃれなレストラン「ラ・メナジェレ」に行ってみよう

フィレンツェ

2017年06月21日

Italyii編集部

フィレンツェ最古の家庭用品店が、素敵な空間に大変身!おしゃれなレストラン「ラ・メナジェレ」に行ってみよう

1,293View

ルネサンス文化が開花した“花の都 フィレンツェ”。美術館や教会などの主な観光名所は、町の中心部に凝縮され、徒歩で観光できるのも嬉しいポイント。そんな町の中心に位置するのがレストラン「ラ・メナジェレ」。地元イタリア人から観光客にも人気の素敵なレストランです。朝早くから夜遅くまで空いているので、朝食、アペリティーボ、夕食など目的に合わせて使えるので旅行者にもとっても便利です。

「ラ・メナジェレ」ってどんなレストラン?


写真: la luce

写真: la luce

店名の「ラ・メナジェレ(La Menagere)」は、フランス語で「主婦」や「家事」を意味します。

もともとは、フィレンツェで最初の家庭用品店だった建物を改装した「ラ・メナジェレ」。1896年に建てられた歴史ある建物が、レストランやフラワーショップなどを兼ね備えた、“コンセプト・レストラン”へと生まれ変わっています。

奥に長く広い店内は、カフェ、レストラン、テラス席、フラワーショップや雑貨スペースなど、用途によって分かれています。おしゃれな雰囲気は統一されていますが、それぞれのデザインや装飾などが異なっているのも見どころ。

美味しい飲み物や料理はもちろん、素敵な空間デザインも見逃せません。


レストランスペース ~RESTAURANT~


営業時間:12:00 - 23:00


写真: la luce

写真: la luce

アーチが続く天井から、モダンなシャンデリアが優しく店内を照らすダイニング。長い一枚板のテーブルでの食事は、映画のワンシーンの様です。


写真: la luce

写真: la luce

こちらの写真も、店内奥のテーブル席になっているレストランスペース。かつては中庭だった場所で、天井は吹き抜けになっており、天気の良い日には明るい自然光が差し込みます。

時間が刻まれた石づくりの壁や柱などは残しつつ、季節の花々やグリーンが配置され、ついついのんびりとしてしまいそうですね。

店内にはピアノも置いてあり、夜はほぼ毎週末ジャズなどの音楽イベントが開かれています。

イベント情報は公式HPやFacebookにアップされますので、行く前にチェックしてみてくださいね。


引用:La Menagere公式Facebookページより


お料理は“季節のリズム”を感じられることをモットーに、新鮮な旬の食材を使って作られています。パスタなどのプリモは1皿約15ユーロ~(2017年5月現在)。

フィレンツェの伝統的なメニューを、現代風にアレンジした見た目も華やかなお料理です。


カフェスペース ~BISTROT~


営業時間:7:00 - 2:00


写真: la luce

写真: la luce

朝食やランチに便利なカフェスペース。イタリアでは、エスプレッソはカウンターで立って飲むのが主流です。日本のようにコーヒー1杯でゆっくりできるカフェが少ない中、心置きなく座れるカフェスペースは貴重です。


関連記事:【コラム】イタリア流カフェの楽しみ方。


写真: la luce

写真: la luce

無料Wi-FIも用意されているため、ランチはもちろん、のんびり朝食をとったり待ち合わせをしたりと色々使えます。

さくっとエスプレッソだけ飲みたい時にはカウンターで。テイクアウトに便利なパニーノやサラダ、デザートなどの軽食も揃っています。


テラスのカフェスペースとジノリ通り ~BISTROT&VIA DE’GINORI~


営業時間:7:00 -翌 2:00


写真: la luce

写真: la luce

お天気が良い日は、外のテラス席もおすすめ。

ワインは1杯5ユーロ~(2017年5月現在)で、オリーブやナッツなどの小皿がサービスで付いてきます。夜もたくさんの人で賑わっているので、食前にアペリティーボを楽しんでみるのも素敵ですよ!

「ラ・メナジェレ」が位置するジノリ通りは、サン・ロレンツォ広場から伸びる通り。貴族の通りとして繁栄し、7番地から17番地まで貴族のお屋敷がずらりと並んでいます。

装飾が凝らされたお屋敷は今でも保存されており、外観からもその豊さを垣間見ることができます。11番地には、この通りの名前の由来になっているジノリ一族の屋敷があります。

このジノリ一族は、初のイタリア製陶磁器を創設したことで有名で、「ジノリ磁器(※)」として世界的に名を馳せています。

豪奢なお屋敷と並んで、靴屋・果物屋・ピザ屋などが軒を連ね、とても賑やかな通りだったジノリ通り。今でも、「ラ・メナジェレ」をはじめバールやレストラン等が並ぶ賑やかな通りになっており、かつての賑わいに思いを馳せながら、歴史ある建物や通りを歩いてみるのはいかがでしょうか。


※編集部註……ジノリ磁器は、現在も「リチャード・ジノリ」としてそのブランドを確立しています。公式サイトにはジノリ磁器の歴史が紹介されています。
参考:リチャード・ジノリ 日本語版公式サイト


フラワーショップ ~ARTEMISIA FLOWER SHOP~


営業時間:10:00 - 22:30


写真: la luce

写真: la luce

“food & flowers”のコンセプトのもと生まれたのが、季節の花々を売るこのスペース。エスプレッソを飲む合間や、アペリティーボを楽しむ時に美しい花々の色や香りを楽しむことができます。

フラワーカウンターには、フローリストが在住しており、1本の花からお祝いの花束・イベントやお店へのお花の贈り物まで、さまざまな用途に合わせて相談に乗ってくれます。


雑貨コーナー ~LA MENAGERE STORE~


営業時間:7:00 - 翌2:00


写真: la luce

写真: la luce

フィレンツェで一番古い家庭用品店だった「ラ・メナジェレ」。

モダンに生まれ変わった今でも、かつての雰囲気を店内の一角に感じることができます。それが、食器や雑貨等を扱うスペース「ラ・マナジェール ストア」。


写真: la luce

写真: la luce

店名へのオマージュを込めて、キッチン用品を中心にデザインにこだわってセレクトされた品々が並びます。

フィレンツェのレストラン「ラ・メナジェレ」はいかがでしたか?

レストラン選びに迷ったら、ゆっくりとカフェがしたくなったら……ぜひ一度足を運んでみてください。おしゃれに生まれ変わった歴史を感じるスペースで、フィレンツェでの素敵なひと時を過ごせますよ。


執筆・写真:Italyii ライター la luce
la luce Facebookページ
la luce Tumblr

Information

La Menagere

ラ・メナジェレ

Via De' Ginori 8r, 50123, Florence, Italy


営業時間:7:00 - 2:00(レストランは12:00 - 23:00)
URL:http://www.lamenagere.it/

情報はライター執筆時のものです。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!