ジェノヴァ

2015年09月13日

Italyii編集部

ルネサンス発祥の地イタリアで見る現代芸術「トレント・ロヴェレート近現代美術館(MaRT)」

1,855View

トレントの美術館MaRTには、約10000点にのぼる前衛作品が収められているそう。その魅力をご紹介します。

イタリアの現代アートを鑑賞してみませんか?


Photo by "MART-Glaskuppel" di RSDDRS

Photo by

ルネサンス発祥の地イタリアは、言わずと知れたアートの国。
そんな地での美術館めぐりは、イタリア観光ならではの醍醐味といえるでしょう。

今回は、イタリア北部トレントのクールな現代美術館"MaRT(トレント・ロヴェレート近現代美術館)"をご紹介します。


Photo by Davide Oliva

Photo by Davide Oliva

https://www.flickr.com/photos/davideoliva/4375805038/

天井の青空とクーポラは、そのデザインもあいまって、独特の存在感を醸し出します。
クーポラとは、教会建築などにみられる、半球形につくられた天井のこと。



Photo by Lapo Luchini

Photo by Lapo Luchini

http://www.mart.trento.it/

トレント・ロヴェレート近現代美術館、通称Martの外観。
スイスの建築家、マリオ・ボッタによって設計されたものです。



Photo by Pava

Photo by Pava

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%22_11_-_ITALY_-_MART_Museum_Art_Contemporary_Design_Rovereto_Trento.JPG

Mart Bridge
Mart Bridge / Pperinik



MART/2
MART/2 / Danilo Paissan



最先端のアートを楽しんで


館内へ入ると、この日は特別展示も開催されていました。
MaRTの特別展示 で、ユニークな感覚に満ちた作品をめぐってみましょう。

少し歩みを進めれば、そこには前衛的な芸術家によるアート作品、オブジェなどが並びます。
どう創ったのか不思議になるものから、脱力感にあふれるほほ笑ましい作品まで、多彩なラインアップです。
共通するのは「冴えきった洞察」とでもいうべき鋭さ。
なかなか強烈な作品が顔をそろえています。


DSCF1980.jpg


このアート作品(※)は、反戦のシンボルとなった「ゲルニカ」風で、どこかピカソを思わせます。
まるで童話の挿絵のように親しみやすいデザインであっても、作品を前に浮かんでくるイメージは、戦争の不気味さ。
不思議な感覚をもたらす作品の数々に圧倒されます。

※編集部註:こちらの作品はイタリアのデザイナー・画家・彫刻家フォルトゥナート・デペーロ(Fortunato Depero)の「Guerrafesta」と呼ばれる1925年の作品です。
参考リンク:Fortunato Depero, Guerrafesta,1925


DSCF1969.jpg


オブジェクトとはいっても、馬たちが倒れている姿に言葉もありません。
生命の脆さと破壊の怖さ。
動物が好きでなくとも、胸に痛みを覚えるでしょう。
これらも芸術作品だそうです(※)。

この現代アートが訴えかけてくる重たいメッセージに、胃の辺りが揺さぶられるのを感じます。
前衛アート作品から感じる世界は、戦争の怖さや個人の情念と世の中、人間社会をめぐる重いテーマなどなど。日常と非日常の狭間で前衛芸術に触れることで、想像力をかきたてられます。
芸術と倫理観のすれすれ境界線をうまく表現している、そんな気がしました。
イタリアの現代美術館だからこそ、最後までユーモア感覚に魅せられるのでしょうか。

純粋にアートを見るだけで楽しいし、そもそも建物だけでも見る価値は十分に。
それがMaRTの魅力です。

※編集部註:こちらの作品はベルギー出身の作家Berlinde De Bruyckere氏による「In Flanders Fields(2000年)」という作品です。これらの作品群は2014年の企画展「La guerra che verrà non è la prima」にて展示されていました。

参考:MaRT公式サイト:La guerra che verrà non è la prima


お子様向けのワークショップなども開催


編集部注:時期によっては、家族で楽しめるアートプログラムや、イベントなども行われています。
公式Facebookページではイベントの舞台裏など、さまざまな情報が提供されており、訪ねる前から楽しくなるはずです。


MART EDUCAZIONESi avvicina il Carnevale e noi facciamo le "Maschere precolombiane", nel laboratorio Little Mart di...

Posted by Mart - Museo di Arte Contemporanea di Trento e Rovereto on 2015年2月6日



MART EDUCAZIONEIl laboratorio "Attraverso il colore", a cura di Eleonora Dall'Alda, propone ai bambini dai 3 ai 10 anni...

Posted by Mart - Museo di Arte Contemporanea di Trento e Rovereto on 2015年3月5日



#backoffice Lavoro di schedatura dell'opera: "Libera la parola" di Vittore Baroni, dall'Archivio di Nuova Scrittura....

Posted by Mart - Museo di Arte Contemporanea di Trento e Rovereto on 2015年7月22日



MART EDUCAZIONEIl laboratorio Little Mart di domenica 10 maggio è "Collage contemporanei", dedicato a una tecnica che...

Posted by Mart - Museo di Arte Contemporanea di Trento e Rovereto on 2015年5月8日


参考:マリオ・ボッタ について

マリオ・ボッタ (Mario Botta)はスイスの建築家。
スイス・ティチーノ州メンドリジオ生まれ。
1969年ヴェネツィア大学建築学科卒業。
代表的な作品に、「サンフランシスコ近代美術館SFMoMA」(1994年)、ミラノの「スカラ座改修」(2004年)がある。日本国内に存在する作品にワタリウム(1990年)など。

引用元:Wikipedia-マリオ・ボッタ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%BF


■Mario Botta 公式サイト
http://www.botta.ch/


※編集部註:2016年11月、一部写真と表現の見直しを致しました。そのため、初出時とは内容が異なっている箇所がございます。ご了承ください。


Italyii 関連記事:こちらもいかがですか?


イタリアの芸術をご紹介する、「たのしい」記事をセレクトしました!

■ヴェネツィアの可愛い離島「ブラーノ島」で、伝統のレース刺繍に触れる♪

■ミラノから足を伸ばせる穴場、個性的な博物館が集まるトレントの街へ

■【コラム】だまし絵と漁師たちの小さな街。リヴィエラ海岸の穴場「カモーリ」を楽しむ5つの方法

Information

Museo d'Arte Moderna e Contemporanea di Trento e Rovereto(MaRT)

トレント・ロヴェレート近現代美術館

Corso Bettini 43, 38068 Rovereto (TN)

TEL:0464 438887
営業時間:[火-木,土日]10:00-18:00 [金]10:00-21:00
定休日:月曜日
URL:http://www.mart.trento.it/

展示作品など、各種情報は掲載時(2015年9月)とは異なることがあります。ご了承ください。最新情報は公式サイトをご確認ください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!