シチリア

2015年06月03日

Italyii編集部

【特集】一生モノのバカンス!南イタリアの魅力たっぷりな5つの「楽園」

3,634View

イタリアには、おとぎ話の世界のような絶景がたくさん。その中でも、人生で一度は体験しておきたい「楽園」たちをご紹介します。

地中海で、一生モノのバカンスを


古くからの歴史や文化が折り重なり、縦に長い地形の中にさまざまな風土や気候を持つイタリア。

北部と南部では、まるで違う国なのでは?と思うほどに、さまざまな違いが見られます。

今回は、地中海の爽やかな気候が楽しめる南部エリアから"楽園"と呼びたくなるほどのリゾート地をご紹介。

古代より愛される島から、ここ数年の注目スポットまで、5つの楽園を集めました!


1.透明すぎる海、イタリア最南端の楽園"ランペドゥーザ島"


Tabaccara, Lampedusa


まるでガラスの上に船を浮かべたような、透明な海が楽しめる"ランペドゥーザ島"。
絶景スポットとして世界中から評判を集め、旅行者が絶えません。


Mare Morto, Lampedusa


現実ではないような、とても不思議な光景です……。

シチリア島からもさらに離れ、イタリアの最南端に位置するランペドゥーザ島は、滞在期間にもよりますが30万円前後で行くことができるようです。


2.エキゾチックな魅力の詰まった"シチリア島"


映画“グランブルー”の舞台にもなった絶景スポット"イソラベッラ"

映画“グランブルー”の舞台にもなった絶景スポット

Photo by:gnuckx CC0(Public Domain)

レモンの産地として非常に有名な「シチリア島」。

光り輝く太陽と、青く輝くイオニア海に囲まれたこの島は、さまざまな文明の行き交う歴史を経て、エキゾチックな魅力を放ちます。

シチリア島のリゾート地「タオルミナ」には、イソラベッラ(イタリア語で"小さな島")と呼ばれるスポットがあり、映画の舞台にもなるほどの景勝地として有名です。

また、シチリア島は「おいしい」ものも豊富。

ライスコロッケの「アランチーニ」、伝統のドルチェ「カンノーロ」と、訪ねたときはぜひ試したいグルメが集まります。



3.映画の舞台にもなった、麗しのアマルフィー


Festa San Biagio Amalfi 2017


くわしい場所は分からないけれど、名前ならわかる……という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

映画のタイトルにもなった「アマルフィ」は、イタリアの南部にある世界遺産のスポット。変化に富む海岸線と、断崖絶壁に連なる建築は息をのむほどの美しさ。

シチリア島同様、人々を魅了し続けています。

参考:Italyii アマルフィの修道院ホテル「ルナ コンヴェント」で、空と海に包まれる贅沢なひと時を


ずっとここにいたい、とすら感じてしまうかも

ずっとここにいたい、とすら感じてしまうかも

4.入れるかどうかも神秘的?カプリ島"青の洞窟"


真っ青な光景にウットリ。

真っ青な光景にウットリ。

イタリアはカプリ島の有名スポットと言えば、「青の洞窟」。

カプリ島は古くからリゾート地として親しまれてきましたが、この青の洞窟も古代ローマ時代の彫像(?)が沈められているなど、神秘的な場所として言い伝えられてきました。

2015年現在、青の洞窟は地形の変化により、いずれ入ることができなくなってしまう、という説もあるそう。さらに、潮や天気の状況によって洞窟内部に入れる日が変化するという難易度をもつ、自然のつくり出した芸術と言えます。

青の洞窟のツアーはさまざまな形態がありますが、現地で様子を見て、オプショナルツアーでチャレンジする、というのも一つの手。

けれども、その日の判断で入れるかどうかが決まることもあり、本当に運次第のようです。

しかし、カプリ島には青の洞窟だけでなく、絶品の地中海グルメやファラリオーニの岩島群など素晴らしい出会いが待っています。ツアーによっては青の洞窟へ入場できない場合、別の観光ルートを通じてカプリ島の魅力をご案内するプランもあります。

なるべく成功率を高めたい!という方は、比較的天候が安定すると言われる6月~9月を目安に、ガイドなどのプロフェッショナルへ相談されてみてはいかがでしょうか?


セレブリティにも愛されるリゾートをお楽しみに

セレブリティにも愛されるリゾートをお楽しみに

5.まるで絵本の中?アルベロベッロの街並み


とんがり屋根がキュート!

とんがり屋根がキュート!

世界遺産の登録数がとても多いイタリアですが、こんなにも「かわいい!」と言いたくなる世界遺産もめずらしいのでは。

白を基調としたとんがり屋根の街並みは、本当に現代なの?と言いたくなるほどにメルヘンチックです。

参考:Italyii おとぎの国アルベロベッロを100%楽しむ方法


絵本の中の住人になったような気分!

絵本の中の住人になったような気分!

準備を整えて、最高のリフレッシュ体験を


うっとりするような絶景が満載のイタリア。

これらの風景を実際に肌で感じ、各地のグルメをいただく時間は、最高のバカンスとなるはず。

いつもの場所から離れたところで過ごす休日は、刺激的でありながらもリラックスできることと思います。

とは言え、旅に出るための準備は、思った以上にたくさんあります。

行く場所はどこに決めるか、費用のこと、パスポートのこと……。
あまりにも行ってみたい場所が多くて決められない!というときは、各地をめぐる周遊プランにするのも一つの手。

参考:イタリアン地中海センターのケース
http://www.italiancenter.co.jp/tour/sicily/index.html

初めていくときは友人や家族とツアーで、何度か慣れたら個人で……といったように、準備期間や言葉、現地の知識をもとに考えてみると、「いつかは行きたい」から「これなら行ける!」になるはず。

とにかくゆっくり、のんびりしたい、という方も、絶景を楽しみたい!という方にも、こちらの記事がご参考となれば幸いです。


参考サイト一覧


■イタリアン地中海センター:
http://www.italiancenter.co.jp/tour/index.html

■イタリア政府観光局(ENIT)公式サイト:
http://visitaly.jp/


※編集部註……2017年5月、一部表現の加筆修正、リンク切れのコンテンツ、埋め込み写真の見直しをいたしました。

Information

Sud Italia cinque di paradiso

イタリア南部 5つの楽園



マップはシチリア島のカターニア・フォンターナ・ロッサ空港をご紹介しています。各種最新情報は、公式サイトをご確認ください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!