ナポリ

2015年12月10日

Italyii編集部

イタリアカフェの奥義【ナポリ編】-イタリア最高のエスプレッソにトライ!-

3,014View

イタリアとカフェは切り離せない関係。今回はナポリで本場のエスプレッソを味わう秘訣をご紹介。

エスプレッソの本場、ナポリのカフェ文化とは?


イタリアの街に降り立てばそこら中にカフェがありいつも常連客で賑わっていて、カフェがイタリア人の生活に深く根付いていることが分かるでしょう。
朝の通勤時間ともなればあちらこちらから漂う香ばしい香り。
イタリアに来たならば、このカフェ文化に触れてみない手はありません。


参考イメージ:Flickrより引用
Waiters at Cafe Florian


Italyiiでは、以前ローマの老舗、カフェ・グレコを中心に「カフェの楽しみ方」についてご紹介しましたが、地域によってその楽しみ方はより細分化されていきます。


撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター


エスプレッソの聖地で本場の味わいを


さて、今回はイタリアで最もスタンダートに飲まれているエスプレッソにトライしてみることにしましょう。
イタリアにおける“エスプレッソの聖地”と言われているのがナポリです。
とにかく、ナポリの街に足を踏み入れると小さな店から大きな店まであらゆるカフェが軒を連ね、同じくナポリ発祥のピッツェリアと肩を並べる数の多さ。
観光客はもちろん、カフェで立ち飲みしている地元常連客の多さに驚きます。
そして、決まって彼らが飲んでいるのがエスプレッソなのです。


参考イメージ:Flickrより引用
The Veldt



エスプレッソ発祥の老舗「カフェ・ガンブリヌス」


それもそのはず、ナポリのエスプレッソはおそらく世界最高水準。
下町の何気ないカフェで出すエスプレッソでも一定レベルを保っているのです。
理由はナポリの水質、そしてバリスタの技術の高さにあると言われています。

そんなナポリの中でもエスプレッソ発祥の老舗と言われているカフェ・ガンブリヌスをご紹介しましょう。


参考イメージ:Flickrより引用
Napoli - Il Bar Gambrinus



まるでチョコレートのような、濃厚な味わいに感動


“悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、愛のように甘い”。

ナポリで本物のエスプレッソはこのように例えられます。
マシンから出た最初のスプーンひとすくいに拘り、濃厚で深い味わいのダークロースト。
イタリアで飲まれるスタンダードな量より少なめに濃縮された抽出量に、砂糖平均1.5~2袋をたっぷり入れて一気にかき回します。
するとあら不思議、濃厚なビターチョコレートのような味わいに。
チョコレート好きなナポリ人好みの、本場ナポリ流エスプレッソの出来上がりです。


参考イメージ:Flickrより引用
Espresso @ Gambrinus



ナポリならではの「素敵な習慣」とは?


またガンブリヌスでは、ナポリならではの古い習慣が今なお残っています。
それは、「カフェ・ソスペーゾ(保留コーヒー)」。

余裕のある人がエスプレッソ2杯分の代金を支払い、一杯分は貧しい人のためにプールしておいてもらうというもの。
普段エスプレッソを飲みたくても飲めない人が、この習慣のおかげで一杯のエスプレッソを飲むことができるのです。
この習慣は一時消えていましたが、近年ガンブリヌスで復活しました(※)。
困った人を見たら放っておけないナポリ人気質の表れた素敵な習慣です。

■Gran Caffe Gambrunus
http://grancaffegambrinus.com/

※編集部註:「カフェ・ソスペーゾ」の習慣は、近年イタリア国外でも注目を集めています。
ご興味のある方は、この運動について紹介するサイト(イタリア語)もご覧になってはいかがでしょうか。
http://www.retedelcaffesospeso.com/



立ち飲みバール「カフェ・モレノ」で軽く一杯


続いて、ナポリのエスプレッソメーカーのカフェ・モレノに入ってみました。ここは定番の立ち飲みバール式。
ナポリ人はしょっちゅうエスプレッソを飲んでいます。
通勤前、仕事の合間、おやつ時、午後の休憩、仕事帰り、食事の前後、彼らにとってエスプレッソは生活の一部。
それゆえ、あまり長居はしません。
カウンターでくいっと一杯ひっかけ、馴染の店員や常連同士短いお喋りを交わしてすぐに出ていきます。
モレノでは、こんなバールの風景を見ることができます。

■Caffe MORENO
http://www.caffemoreno.it/



参考イメージ:Flickrより引用
Welcome to the Cafe California



バリスタの技術力は、ココに注目!


参考イメージ:Flickrより引用
Industrial Espresso Maker


良いカフェの条件は店内がきれいなこと、そしてマシンが清潔に手入れされていること。
バリスタやレジの人数が過不足なくいること。
そして、イタリア全土では常に最新型のボタン式エスプレッソマシンが導入されているにも関わらず、ナポリでは旧型のレバー式マシンが多く使われています。レバー式を扱うには熟練した技術が必要となるため、いかにナポリのバリスタの水準が高いかということを物語っています


参考イメージ:Flickrより引用
Mmmmm  Espresso


ナポリのエスプレッソを味わうと、その奥深さに魅了されてしまうこと間違いありません。
本場ナポリならではの習慣や人間模様を垣間見られるのも魅力のひとつです。
ナポリに行ったらぜひ、地元民に交じってカウンターで本格エスプレッソの立ち飲みにトライしてみてはいかがでしょう。


Photo by pixabay.com

Photo by pixabay.com


Italyii関連記事:こちらもいかがですか?


イタリア各地の基本的なカフェの楽しみ方や、ローマのカフェ・グレコをご紹介する記事はこちら!

■【コラム】イタリア流カフェの楽しみ方。
http://italyii.me/article/CaffeGreco

Information

Gran Caffe Gambrunus / Caffe MORENO

カフェ・ガンブリヌス / カフェ・モレノ



情報は掲載時のものです。最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!