ミラノ

2016年05月31日

Italyii編集部

お土産にぜひ!イタリアで愛される高級チョコレート「Venchi」のおすすめ4選

18,031View

イタリア土産に、上質なチョコレートはいかがでしょう。上質な材料で作られたチョコレートはフレーバーも豊富で、大人のお菓子としてピッタリです。

100年以上続く、老舗チョコレートブランド


イタリアの主要な空港や駅(※)で見かける「Venchi」という名前のお店。
こちらは、1878年創業の老舗チョコレート屋さんです。
こだわり抜いた上質な材料だけを使って丁寧に作られたチョコレートの数々は味にうるさいイタリア人も納得の美味しさ。
日本ではなかなか手に入れることはできませんが、高級スーパーなどで一部取り扱いがあります。
今回は、筆者おすすめのVenchiの商品をご紹介します!


「Venchi」って、そもそもなんて読むの?


「Venchi」はイタリア語では「ヴェンキ」と読みます。
ところが日本だと違う意味になってしまうので(失礼!笑)「ヴェンチ」という読み方で流通させていることもあるようです。
ただし、イタリアでお店の場所を聞いたりする際には「ヴェンチ」では通じないので要注意です。


ライターのおすすめ1:「クレミーノバー」は美味しすぎる逸品


撮影:Itayii ライター

撮影:Itayii ライター

驚くほどなめらかな「クレミーノバー」は、Venchiを代表する製品のうちのひとつ。
ピスタチオやヘーゼルナッツが練り込まれたものや、ミルクとジャンドゥーヤが二層になったものなど、多数の種類があります。お店でゆっくり選んで、お気にいりを見つけてみてください。
写真は「BARRETTA GIANDUJA TRIS SALATO(€ 6,50)」。
80g入りで、ヘーゼルナッツ、アーモンドとピスタチオ、ホワイトチョコにジャンドゥーヤを合わせたフレーバーです。


ライターのおすすめ2:チョコスプレッドでお菓子作りやパンにも


撮影:Itayii ライター

撮影:Itayii ライター

お土産に喜ばれるアイテムのうちのひとつがチョコスプレッド。
オリーブオイルとチョコレートを混ぜて作られており、滑らかでナチュラルな味わいが特徴です。
ホワイト、ミルク、ダーク、ラムフレーバーの4種があるので、好みに応じて買い分けたいですね。
写真は「CREMA SPALMABILE DI CIOCCOLATO BIANCO E NOCCIOLE」のミニサイズで、ホワイトチョコレートとヘーゼルナッツを使ったスプレッドです。


ライターのおすすめ3:ジェラートも見逃せない!


そして、イタリアへ行ったからには日本で味わうことのできないジェラートを食べて帰ることをオススメします。
先ほども述べたようにアクセスの良いお店が多いため、空いていそうならおやつに迷わずチョイスしてみてください。
チョコレート屋さんならではの濃厚な味わいが特徴です。
チョコレート系以外のフレーバーもありますが、やはりオススメはチョコレート味。
チョコとフルーツのコンビネーションを楽しむのもいいですよ!


ライターのおすすめ4:オフィスや自宅に常備したくなる「一口チョコ」


撮影:Itayii ライター

撮影:Itayii ライター

ちょっとしたおやつに最適な一口チョコもお土産にピッタリ。
写真は「DRAGÉES - FRUTTI DI BOSCO(€8.10)」という商品。
100g入りで、コロンとした大きさが可愛いフルーツドラジェ(ドライフルーツにチョコレートがコーティングされたもの)です。
このほかにも、コーヒー味のクリスプをチョコレートでコーティングしたキャンディタイプのチョコレートなどがあります。エスプレッソやカプチーノと一緒に食べて旅の思い出に浸ってみるのも楽しいことでしょう。

大切な方やチョコレートがお好きな友人へのお土産にもピッタリのVenchi、旅行中に見つけたときは是非チェックしてみてくださいね。「イタリアのチョコってこんなにおいしいんだ!」とビックリするはずです。

(※)編集部註:2016年現在はフィレンツェ、ミラノ、ローマ、ヴェネチア等各地で出店されています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

ヘッダー画像出典:Pixabay

Information

Venchi

ヴェンキ / ヴェンチ


URL:http://www.venchi.com/it/

情報はライター執筆時のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!