シチリア

2015年12月25日

Italyii編集部

シチリア島の心躍る陶器の街、カルタジローネ

4,150View

世界遺産に登録されている街、カルタジローネ。クリスマスに欠かせないあるモノの名産地でもあります。

シチリアのコムーネ(自治体)のひとつ、カルタジローネ


シチリア島にあるカルタジローネという小さな街をご存じでしょうか。
遠くから眺めると標高600m超の高台を褐色の家々が覆っています。
ローマ通りをしばらく歩きサンフランチェスコ橋を渡ると存在感のある大聖堂が見えてきて、その辺りはもう旧市街。
街のバルには日がな井戸端会議に花を咲かせる地元民の姿が目立ち、郵便局や食料品店にはありふれた日常の風景が見られます。



マヨルカ焼きとテラコッタが名産の、陶器の街


一見、変わったところのないシチリアの小都市のようですが、実はこのカルタジローネ、陶器の街として知られています。
イスラムに支配されていた時代から陶器作りが盛んで、アラブから伝わったマヨルカ焼きの工房が今でも軒を連ねています。
南イタリア全般で多く見られる黄、青、緑を基調としたカラフルでトロピカルな香りのするマヨルカ焼きはカルタジローネ産のものが多く、品質も確か。
この小さな街を訪れる時、心躍る陶器ショッピングは欠かせません。


出典:Flickrより
Caltagirone_2014 05 29_2645



イタリアのクリスマスでは、この街の陶器が欠かせない!


また、この街はクリスマスシーズンになるとイタリア全土に出現する、キリスト生誕の場面を表した模型(プレゼーピオ)でも有名です。
驚くほど精巧に作られた人形たちは全てがカルタジローネ産の陶器製。
クリスマス前後には、街の至る所に出現するプレゼーピオに注目してみるのも面白いかもしれません。



Photo by Marcello

Photo by Marcello

Photo by Marcello

出典:Flickrより
Caltagirone



カルタジローネの名物、カラフルなタイルの大階段


さて、陶器の街カルタジローネには最大の見どころがあります。
ローマ通りからサンフランチェスコ橋を渡って旧市街に入り、市庁舎などのある小さな広場に出るまでは何の変哲もない平凡な風景が続きます。
しかしそこから一軒の小さなバルを曲がった瞬間に、誰もが溜息を漏らすでしょう。
目の前には実に見事なスケールの大階段(スカーラ)が、圧倒的な存在感を示しています。



Photo by tadekk

Photo by tadekk

Photo by tadekk

階段は全部で142段。
そしてよく見ると一段一段に街のシンボルでもあるマヨルカ焼きのタイルがはめ込まれているのです。
更に、タイルは段ごとに全て違った柄や色使い。タイルが描かれた時代も異なっているのだとか。



Photo by tadekk

Photo by tadekk

Photo by tadekk

そして個性的な柄を一つ一つ眺めながらスカーラを上がって行きましょう。
すると、一歩上がるごとにこの街への興味が湧いてくるでしょう。
両側には古くて小さな工房が軒を連ね、その一軒一軒で職人が陶器を作っている様子が見られます。
カラフルなマヨルカ焼きの食器や小物入れにつられるようにして工房に入れば、どれも素敵で目移りしてしまうほど。
実際に工房の職人からその作品を買うことができるのも魅力のひとつです。



出典:Flickrより
Caltagirone_2014 05 29_0704



また、スカーラの両側に並ぶ工房の脇には無数の路地があり、坂がちで入り組んだ裏道は驚くほどの静けさに満ちています。
そこには洗濯物がはためく生活風景がありのままに存在し、街の素顔を垣間見ることができます。



出典:Flickrより
Caltagirone



ノスタルジックな美しさのサンタ・マリア・デル・モンテ教会


スカーラを上がりきると踊り場程度の小さな広場があり、右手にはサンタ・マリア・デル・モンテ教会が古びた姿でひっそりと立っています。
古い教会は礼拝の時間のみに開くのでしょうか、筆者が何度か訪れた時にはいずれも門を閉ざしていました。
けれど、どことなく寂れた感じのする古い教会がカルタジローネには合っている気がするのです。

142段を上り切って振り返ると、スカーラを吹きあげてくる爽やかな風が汗ばんだ額を撫で、まぶしいほどに澄み渡った青い空と茶褐色の街並みが、まるで絵画のような美しい風景を作り出しています。


出典:Flickrより
Caltagirone, Sicily, Italy



帰り道には、気に入った工房に入ってお気に入りの陶器をひとつお土産に持ち帰ってはいかが?
見ているだけで楽しくなるカラフルな陶器を手に取れば、作り手の顔や愛らしいカルタジローネの街をいつでも思い出すことができるでしょう。



撮影:Italyii ライター

撮影:Italyii ライター


Italyii 関連記事:こちらもいかがですか?


イタリアのクリスマスに欠かせないプレゼーピオは、同じくナポリも名産地なのだそう。
どこか愛嬌のある名産が多いイタリア南部のお土産を紹介する記事はこちら!

■出身者がおすすめする、イタリア南部のお土産リスト

■【コラム】まるで本物!キュートでおいしい「フルッタ・マルトラーナ」の秘密

また、カルタジローネは世界遺産「ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々」のひとつとして登録されています。
同じ世界遺産として登録されている街ノートの記事はこちらから!

■はちみつ色の小都市ノート、その美しさの秘密

Information

Caltagirone

カルタジローネ



情報は掲載時のものです。マップはサンタ・マリア・デル・モンテ教会周辺をご紹介しています。

PICKUP

根強い人気のある記事をピックアップしました!